ロゴ

事故車を処分する方法

事故車を処分するには、新しい車を購入する時にディーラーに下取りしてもらう方法、廃車買取専門業者に処分してもらう方法、自分で廃車手続きを行う方法の3つがあります。ただ自分で手続きするのは面倒なので、下取りもしくは買取が現実的な方法と言えます。

ディーラーと廃車買取専門業者の違い

ディーラーは再販できるかが基準

ディーラーが車を下取りする基準は、中古車として市場で再販できるかどうかです。そのため、市場で販売できないと判断された車には一円の価値も付きません。反対に、引き取りにお金がかかることすらあります。

廃車買取専門業者はパーツにも価値を見出す

廃車買取専門業者は、事故で動かなくなった車でもパーツとして売れる部分があるなら価値を見出してくれます。ディーラーで0円査定になった車でも、いくらかの査定金額が算出される可能性が高くなります。

事故車は廃車買取専門業者に買取してもらうのが賢い

自動車

不要な車の引き取りで気をつけること

不要な車の引き取りでは、1つの業者ではなく複数の業者に査定してもらうようにしましょう。それぞれの販売ルートによって求められる車も変わるため、同じ車でも買取額が異なります。業者に引き取ってもらった場合廃車手続きも業者が行うのが一般的ですが、手続き終了の際に受け取れる還付金について、どのようになるのか事前に確認しておく必要があります。還付金の説明がない業者は、持ち主に返す意思がないかもしれないので注意が必要です。

事故車や廃車を買取ってもらう時の手順

自動車

まずは申し込みを行う

買取を依頼する業者に査定の申込を行います。メールの場合は、車の年式、走行距離、型などの必要事項を入力し送信し、フリーダイヤルの場合は電話で伝えます。そうすると、そのデータをもとに車の査定金額が提示されるので、納得した場合は本査定の日時を決定します。本査定は業者に持ち込むほか、出張査定に来てもらうこともできます。

本査定を行う

指定された日時に本査定が行われます。プロの査定士によって、外装や内装、エンジンルームなどが細かくチェックされ、査定金額が算出されます。査定にかかる時間は約1時間で、基本的に車の持ち主が立ち会うことになっていますが、立会いなしで行ってくれる業者もあります。提示された金額に納得がいけば、売買契約を行います。

手続き後に料金を受け取る

売買契約に必要な書類は、車検証、自賠責保険証明証、印鑑証明、自動車税の納税証明書、リサイクル券、実印となります。また、場合によっては戸籍謄本や住民票が必要なこともあります。手続き終了後に、指定の銀行に代金が振り込まれて引き取り手続きの完了です。その後は、廃車証明のコピーが送られてきたら自分で自賠責保険の解約を行い、還付を受けます。

車の買取相場をチェックしよう

車を買い取りに出す場合は、事前に買取相場をチェックしておくことも大事です。インターネットで利用できる一括査定サービスを利用すると、一度の複数の業者の査定金額が分かるため、自分の車の相場を知ることができます。